第69回新自由主義研究会

次回は久々に研究発表です。というか、私がやります。ご参集! 第69回新自由主義研究会 今回は、河野の研究発表です。拙著『戦う姫、働く少女』を出版して2年、おかげさまで広く読まれて色々なリアクションをいただいてきております。 研究会では、その『戦…

第68回新自由主義研究会

次回は、専修大学が使えなかったので早稲田大学での開催となります。ご注意を! 第68回新自由主義研究会 日時:2019年7月14日(日)15:00〜 場所:早稲田大学3号館3-708演習室 http://www.waseda.jp/student/koho/15_campusmap_2019.pdf テクスト:Sophie Le…

第67回新自由主義研究会

次回新自由主義研究会です。Time managementとknowledge economyとの関係、「生産性」の概念の登場、など。 第67回新自由主義研究会 日時:2019年6月23日(日)15:00〜 場所:専修大学神田校舎7号館773教室 テクスト:Melissa Gregg, Counterproductive: Tim…

第66回新自由主義研究会

次回新自由主義研究会です。McRuerの最終回となります。 第66回新自由主義研究会 日時:2019年5月12日(日)15:00〜 場所:専修大学神田校舎7号館7階774教室 神保町駅(都営三田線、都営新宿線、半蔵門線) 九段下駅(半蔵門線、東西線、都営三田線) …

第65回新自由主義研究会

ここではショートノーティスもいいところになってしまって申し訳ありません。新自由主義研究会、河野の所属の変更にともなって、今回以降は専修大学の神田キャンパスに引っ越しということになります。以下の要領です。 第65回新自由主義研究会 日時:2019年4…

第64回新自由主義研究会

以下の要領で開催いたします。参加自由です。来たれ! 第64回新自由主義研究会 日時:2019年3月24日(日)15:00〜 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5Fゼミ室2 テクスト:Robert McRuer, Crip Times: Disability, Globalization, and Resistance. (New Y…

第63回新自由主義研究会

前回のMcRuerは(予想通り)途中までしか終わりませんでしたので、次回もIntroductionの続きとChapter 1が範囲となります。 第63回新自由主義研究会 日時:2019年2月17日(日)15:00〜 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5Fゼミ室2 テクスト: Robert McR…

河野のウェブ上の文章まとめ

だんだんウェブ上で書いた記事が増えてきたので、この辺でちょっとリンクをまとめておきたいと思います。(今後、増える度に更新していく予定。) ◆講談社現代新書 連載「イギリス階級物語」 第1回(前編) 「階級化」が進む日本は、今こそ“階級先進国”イギ…

第62回新自由主義研究会

前回読んだSocial Reproduction Theoryからもう1章、それからRobert McRuerの新著を読み始めます。 第62回新自由主義研究会 日時:2019年1月27日(日)15:00〜 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5Fゼミ室2 テクスト: (1)Tithi Bhattacharya ed. Soci…

第61回 新自由主義研究会

第61回新自由主義研究会 日時:11月11日(日)15:00〜 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5階ゼミ室2 テクスト:Tithi Bhattacharya ed. Social Reproduction Theory (Pluto, 2017), Chapters 1-3 報告者:河野、山粼

第60回 新自由主義研究会

こちらに掲示するのを忘れてました! 明日です! 日時:9月22日(土)15:00〜 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5Fゼミ室1 テキスト: (1) Kevin Floyd. “Automatic Subjects.” Historical Materialism, vol. 24, no. 2, June 2016, pp. 61–86.(報告者…

第59回 新自由主義研究会

Voraを終えられなかったのでその残りと、Voraも含むバイオ資本主義関連の議論を批判的に検討するKevin Floydの論文を読みます。 第59回新自由主義研究会日時:7月21日(土)15:00〜 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5Fゼミ室2 テキスト:Kalindi Vora, …

第58回 新自由主義研究会

Jasbir Puarがまたしても終わりませんでしたので、その残りと、新たにKalindi VoraのLife Supportを読みます。後者は、アウトソーシング型の資本主義とバイオ資本主義(代理母出産、臓器提供、薬品実実験……)の深い関連性を問う本になります。 日時:6月17日…

第57回 新自由主義研究会

前回のJasbir K. Puar読書会、まったく終わりませんでしたので(笑)、もう一度開催します。下記の通りです。 第57回新自由主義研究会 日時:2018年5月27日(日)16:00〜場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5階ゼミ室2テクスト:Jasbir K. Puar, The Rig…

第56回 新自由主義研究会

次回新自由主義研究会のお知らせです。 前回は有薗真代さんの『ハンセン病療養所を生きる』で大変に盛り上がりましたが、次回もその流れで広くは障害学に属する文献を読みます。日時:2018年4月28日(土)15:00- 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5階ゼ…

第55回新自由主義研究会

次の要領で新自由主義研究会を開催します。テーマとしては、有園真代さんの注目すべき新刊を読みたいということと、新自由主義と障害(学)という問題設定でどのような議論が展開されているのかを確認したいというところです。参加自由です。ふるってご参加…

第53回新自由主義研究会

次回新自由主義研究会のお知らせです。ウェンディ・ブラウンの新訳を読みます。 第53回新自由主義研究会日時:11月5日(日)15時〜 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5Fゼミ室2 テクスト:ウェンディ・ブラウン『いかにして民主主義は失われていくのか──…

第52回新自由主義研究会

ものすごくショートノーティスになってしまいますが、お知らせです。 第52回新自由主義研究会 日時: 9月15日(金)15時〜場所: 一橋大学東キャンパス国際研究館5F ゼミ室2課題テクスト: Alderson, David. Sex, Needs, and Queer Culture: From Liberation…

第51回新自由主義研究会

以下の通り開催します。ご参加を! 第51回新自由主義研究会 日時:2017年8月11日(金)15:00〜 場所:一橋大学東キャンパス国際研究館5階ゼミ室2 テクスト:Nealon, Jeffrey T. Post-Postmodernism: Or, the Cultural Logic of Just-in-Time Capitalism. Sta…

2017年度 第4回レイモンド・ウィリアムズ研究会

下記の要領で第4回レイモンド・ウィリアムズ研究会を開催します。前々回の本の続きに加えて、ブレイディみかこさんの本を私が報告いたします。ご参加を! 2017年度 第4回レイモンド・ウィリアムズ研究会 日にち:7月23日 時間:15:00〜 場所:中央大学 駿河…

2017年度第3回 レイモンド・ウィリアムズ研究会

今回の例会は大貫隆史さんの単著『「わたしのソーシャリズム」へ──二〇世紀イギリス文化とレイモンド・ウィリアムズ』(研究社、2016年)の合評会となります。チラシをご参照ください。

2017年度第2回レイモンド・ウィリアムズ研究会

ものすごくショートノーティスになってしまいますが、やります。南ウェールズとウェスト・ヴァージニアの炭坑の比較歴史研究を読みます。 2017年度第2回レイモンド・ウィリアムズ研究会 日にち:6月3日 時間:15:00〜 場所:中央大学後楽園キャンパス6409教…

新刊予告『戦う姫、働く少女』

7月10日に、私の二冊目の単著、『戦う姫、働く少女』が発売となります。下に、版元ドットコムとAmazonのリンクを貼っておきます。 版元ドットコムの方では詳しい目次が見られます。目次で、だいたい扱っている作品が一覧できるように配慮していますのでご参…

第50回新自由主義研究会

ついに記念すべき第50回新自由主義研究会です。下記の通りです。ふるってご参加ください。 第50回新自由主義研究会 マーサ・ヌスバウムの『感情と法』を読みます。新自由主義においては「感情」や「情動」が、イデオロギー的にもそれに対する批判においても…

2017年度第1回レイモンド・ウィリアムズ研究会

です。参加自由となりますのでふるってご参加ください。 レイモンド・ウィリアムズ研究会 2017年度第1回研究会日時:2017年4月8日(土)14:00-18:00 会場:中央大学後楽園キャンパス6405教室(6号館)課題図書:セリーナ・トッド『ザ・ピープル──イギリス労…

第49回新自由主義研究会

William DaviesのThe Limits of Neoliberalismを読みます。新自由主義において「競争」という観念がいかなる「思想/理論」によって作り上げられたのかということを、(critical sociologyではなく)'sociology of critique'によって読み解き、新自由主義へ…

第48回 新自由主義研究会

私のサバティカル中は休止していた新自由主義研究会ですが、ぼちぼち再開いたします。第47回はちょっとクローズドでやったのですが、次回は通常開催です。フーコーと新自由主義というテーマの本をみんなで読みます。参加自由ですのでどうぞご参加ください。 …

2016年反省会

研究会の告知板にしかなっていないこのブログですが、年末恒例の反省会はやるのです。 今年の前半はサバティカル(正式には「海外研修」)でウェールズはスウォンジー大学にお世話になっていました。そこでの経験は、アーカイヴ調査などの純粋研究上の部分で…

2016年度第3回 レイモンド・ウィリアムズ研究会

レイモンド・ウィリアムズ研究会開催のお知らせです。今回は、Daniel G. Williamsによるウェールズ文学・文化論Wales Unchainedの読書会ですが、それに先だって、この本で扱われている、Paul Robeson主演の映画The Proud Valleyの上映会(英語で、字幕なし)…

『終わらないフェミニズム──「働く」女たちの言葉と欲望』

結局サバティカルの一年間はブログに近寄らずじまいになってしまいました。ですが、そのサバティカル期間の最後に重要な編著が出版されましたので告知です。終わらないフェミニズム −−「働く」女たちの言葉と欲望作者: 日本ヴァージニア・ウルフ協会,河野真…