河野のウェブ上の文章まとめ

エントリー自体は古いですが、最新にアップデートしていきます。媒体の順番は、なんとなく最近書き始めたものが上に来てますので順不同。

 

NHK番組レビュー「きのう何みてた?」

笑うべきか泣くべきか、それが問題だ 土曜ドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」 |NHK_PR|NHKオンライン (2021.5.15)

 

サイゾー

『クイーンズ・ギャンビット』が描く“女性の解放”とは?──自由主義に矛盾しないNetflix的フェミと多様性|日刊サイゾー (2021.5.17本誌より転載)

 

Newsweek

新自由主義が蝕んだ「社会」の蘇らせ方 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト (2020.8.29)

 

光文社新書note

連載「一橋大学を辞め、文科省の前で叫んだ──大学と教養の未来を考える」

第1回

01_大学改革とはすなわち「市場化」の別名に他ならなかった|光文社新書 (2020.5.10)

第2回

02_「高大接続改革」の名のもとに大学の教養課程は殺された|光文社新書 (2020.6.8)

第3回

03_「偏差値」はなぜ生まれ、批判されるに至ったか|光文社新書 (2020.8.8)

第4回

04_「主体性評価」が進めば、階層の分断を固定化することになる|光文社新書 (2020.8.22)

第5回

05_役に立つ学問とは何か? 役に立つ教育とは何か?|光文社新書 (2020.10.20)

第6回

06_文系不要論の系譜学──「二つの文化論争」から見えるもの|光文社新書 (2020.11.15)

第7回

07_「成人教育」が成立しなくなったとき、「役に立つ教養」の意味は変質を強いられた|光文社新書 (2021.2.22)

第8回

08_「教養」はポストフォーディズムの補完物となる運命か|光文社新書 (2021.2.23)

第9回

09_反知性主義の袋小路を前に、「教養」の可能性と公的領域のあり方を問い直す|光文社新書 (2021.8.2)

 

◆文春オンライン

『アナ雪2』と『ナウシカ』の一致に見る、「フェミニズム以後の時代」が抱える問題点 | 文春オンライン (2019.12.21)

 

「え、そのキスシーン必要?」「血縁主義」に回帰してしまった『スター・ウォーズ』最新作への違和感 | 文春オンライン (2020.1.5)

 

【アカデミー賞本日発表】「半地下」「悪臭」以外から読み解く、『パラサイト』の秀逸さと限界 | 文春オンライン  (2020.2.10)

 

「男性サポート役」がいない『ハーレイ・クイン』が見せた、女性主人公物語の“第三段階” | 文春オンライン (2020.3.27)

 

ジョンソン英首相、小池都知事、橋下徹氏……突然「福祉」にシフトする政治家たちを信用できるか? | 文春オンライン (2020.4.26)

 

記録的大ヒット…Netflix『クイーンズ・ギャンビット』が『アナ雪』の“先”を行く理由 | 文春オンライン (2020.12.6)

 

『呪術廻戦』、『君の名は。』…人気アニメの「地方」の描写がどこか引っかかるワケ | 文春オンライン (2021.1.11)

 

「ダークなズートピア」? “食べる”と“セックス”が曖昧な『BEASTARS』、生々しい描写の意味 | 文春オンライン (2021.2.24)

 

ディズニーはジェンダー平等を捨てたのか 人気ゲーム『ツイステ』の“男性の扱い”がはらむ矛盾とは | 文春オンライン (2021.3.9)

 

講談社現代新書

連載「イギリス階級物語」

第1回(前編)

「階級化」が進む日本は、今こそ“階級先進国”イギリスに学ぶべきだ(河野 真太郎) | 現代新書 | 講談社(1/4) (2018.11.10)

第1回(後編)

イギリスのアンダークラス=チャヴの出現は「過酷な階級化」の序章だ(河野 真太郎) | 現代新書 | 講談社(1/4) (2018.11.10)

第2回

なぜイギリス人の「階級への執着」は産業革命後に生まれたのか(河野 真太郎) | 現代新書 | 講談社(1/4) (2019.1.5)

第3回

『ハリー・ポッター』は「ルールなき闘争の時代」の教養小説である(河野 真太郎) | 現代新書 | 講談社(1/6) (2019.2.15)

第4回

家族が「贅沢品」になる時代……誰が“個人”を守るのか?(河野 真太郎) | 現代新書 | 講談社(1/7) (2019.12.15)

第5回

EU離脱の原点ーー「イギリス版ファシズム」という黒い歴史(河野 真太郎) | 現代新書 | 講談社(1/7)  (2020.4.19)

第6回

オレたちの怒りはどこへ行く…? イギリスの若者、“叫び”の系譜(河野 真太郎) | 現代新書 | 講談社(1/6) (2020.10.25)

第7回

「助け合いの美しさ」があぶり出す“公助なき社会”という残酷な現実(河野 真太郎) | 現代新書 | 講談社(1/5) (2021.4.25)

 

◆現代ビジネス

格差社会でいるくらいなら、日本は「階級社会」を目指した方がいい(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/4) (2018.7.12)

 

私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7) (2019.6.9)

 

『天気の子』主人公が「村上春樹訳のサリンジャー」を読んでいる理由(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/6) (2019.8.17)

 

ギグ・エコノミー礼賛の裏で「自由な自営業者」を襲う貧困と家族の崩壊(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/6) (2019.12.27)

 

大ヒット『鬼滅の刃』の隠れた凄まじさ…「男らしさの描き方」の新しさに注目せよ(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/6) (2020.11.1)

 

映画『おおかみこどもの雨と雪』を「格差」と「差別」の関係から読み解く(河野 真太郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/7) (2021.7.2)

 

『エヴァ』『もののけ姫』…日本のアニメは「男性の成熟・ケア」をどう描いてきたか(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/7) (2021.10.5)

 

◆研究社 Lingua

リレー連載「文化と社会を読む 批評キーワード辞典reboot」

第1回「ポピュラーな」

文化と社会を読む 批評キーワード辞典 reboot 1 | 研究社 WEB マガジン Lingua リンガ

第4回「障害」

文化と社会を読む 批評キーワード辞典 reboot 4 | 研究社 WEB マガジン Lingua リンガ

第6回「サービス」

文化と社会を読む 批評キーワード辞典 reboot 6 | 研究社 WEB マガジン Lingua リンガ

第11回(最終回)「科学」

文化と社会を読む 批評キーワード辞典 reboot 11 | 研究社 WEB マガジン Lingua リンガ

 

◆かみのたね(フィルムアート社)

ディズニーの隠された歴史──『アニメーションの女王たち』河野真太郎書評 | かみのたね (2021.2.25)

 

◆PR誌『ちくま』

特別寄稿エッセイ「男らしさはどこへ行く?」

こじれた男らしさを解きほぐす|PR誌「ちくま」特別寄稿エッセイ|webちくま

老害と依存|PR誌「ちくま」特別寄稿エッセイ|webちくま

治癒とケア|PR誌「ちくま」特別寄稿エッセイ|webちくま

 

◆The Journal of New Zealand Studies

A Review of Jennifer Lawn's Neoliberalism and Cultural Transition in New Zealand Literature, 1984-2008

https://ojs.victoria.ac.nz/jnzs/article/view/5185/4610

 

◆『大学出版』No. 106

「文化の成長と育成──首都圏国立大学の状況から」

http://www.ajup-net.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/ajup106_all_160401.pdf

 

◆番外編:ラジオ出演

【音声配信】特集「巨匠ケン・ローチ監督に荻上チキが直撃インタビュー~イギリスの現状と労働問題」ケン・ローチ×河野真太郎×荻上チキ▼2019年12月11日放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

第70回新自由主義研究会

次回も研究発表になります。下記の要領で開催します。参加自由です。ご参集ください。

 

第70回新自由主義研究会

日時:2019年9月21日(土)15:00〜

場所:専修大学神田校舎7号館8階782室

発表者:janis

タイトル:金融の〈監視〉と情報伝達技術 (ICT) 労働

第69回新自由主義研究会

次回は久々に研究発表です。というか、私がやります。ご参集!

 

第69回新自由主義研究会

 今回は、河野の研究発表です。拙著『戦う姫、働く少女』を出版して2年、おかげさまで広く読まれて色々なリアクションをいただいてきております。

 研究会では、その『戦う姫』の続編的なプロジェクトについて、本全体の構想と、最初のいくつかの章について発表をし、みなさまのご意見をうかがいたいと思います。

 現在計画しているのは、『戦う姫』で定義したポストフォーディズム/ポストフェミニズム状況における男性性の問題を、文化表象を通じて考えるという本です。本研究会で最近集中的に読んでいる障害学やクリップ理論の成果も取り入れていきたいと考えています。

 読んでいただくテクストについては、遅くとも2週間くらい前までにはみなさんにお届けしたいと思いますが、とりあえずすでに発表している文章としてはこちらがあります。これは第3章の原形にする予定です。

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/keyword1905.html

 それでは、よろしくお願いします。

日時:2019年8月18日(日)15:00〜
場所:早稲田大学早稲田キャンパス14号館807教室

第68回新自由主義研究会

次回は、専修大学が使えなかったので早稲田大学での開催となります。ご注意を!

 

第68回新自由主義研究会

日時:2019年7月14日(日)15:00〜

場所:早稲田大学3号館3-708演習室
http://www.waseda.jp/student/koho/15_campusmap_2019.pdf

テクスト:Sophie Lewis, Full Surrogacy Now: Feminism against Family (Verso, 
2019) 報告者:宮永

第67回新自由主義研究会

次回新自由主義研究会です。Time managementとknowledge economyとの関係、「生産性」の概念の登場、など。

 

第67回新自由主義研究会

日時:2019年6月23日(日)15:00〜

場所:専修大学神田校舎7号館773教室

テクスト:Melissa Gregg, Counterproductive: Time Management in the Knowledge
Economy (Duke UP, 2018) 報告者:janis

 

第66回新自由主義研究会

次回新自由主義研究会です。McRuerの最終回となります。

 

第66回新自由主義研究会

 

日時:2019年5月12日(日)15:00〜

 

場所:専修大学神田校舎7号館7階774教室

          神保町駅都営三田線、都営新宿線半蔵門線
          九段下駅半蔵門線東西線都営三田線

 

テクスト:
Robert McRuer, Crip Times: Disability, Globalization, and Resistance (New
York UP, 2018) Chapter 4 and Epilogue 報告者:janis

第65回新自由主義研究会

 ここではショートノーティスもいいところになってしまって申し訳ありません。新自由主義研究会、河野の所属の変更にともなって、今回以降は専修大学の神田キャンパスに引っ越しということになります。以下の要領です。

 

第65回新自由主義研究会

日時:2019年4月7日(日)15:00〜

場所:専修大学神田校舎7号館8階784教室

テクスト:
Robert McRuer, Crip Times: Disability, Globalization, and Resistance (New York UP, 2018) Chapter 3 報告者:高橋